地方公務員になるには?試験対策からキャリアプランまでの流れを紹介

地方公務員になるには

ページの現在地

トップ職業図鑑 バックナンバー2.地方公務員になるには

地方公務員になるには

地方公務員とは

地方公務員とは各地方公共団体に勤務する公務員のこと。地域の生活環境の整備や、法的書類の処理など地域に関する様々な仕事を行います。原則として県外への転勤がないため、所属する地域に長く密着して働ける職業の一つです。

また地方公務員は、地方と都心部で試験内容や採用方法、倍率、労働条件などが異なるため、就職(転職)先として地方公務員を検討している方は、自分が働きたい自治体の募集要項を詳しくチェックしておく必要があります。

地方公務員は倍率も高く、人気の職業の一つです。地方公務員を目指す方は、それぞれの仕事の特徴や試験内容をしっかりと理解した上で、自分のやりたい仕事ができる分野の試験に臨みましょう

< 地方公務員を目指す上で活用したい資格講座 >
資格の大原 資格の学校TAC
資格の大原 資格の学校TAC
公務員の合格実績は業界でもトップクラス。専門学校に進学して公務員合格を目指す「専門課程」と、大学や会社に通いながら勉強することができる「資格の講座」、短期間での合格を目指す「集中資格取得」の3つのコースから自分に合ったもの選択できる。 公務員をはじめ、公認会計士や司法書士など幅広い資格講座を提供するTACの公務員講座。大学2年次から受講できるコースがあり、早期対策をしておくことが可能。その他大学4年次・既卒者・社会人向けの短期集中型コースもある。
このサイトに行く このサイトに行く
< 地方公務員を目指す上で活用したい進学ナビサイト >
リクナビ進学 マイナビ進学
リクナビ進学画像 マイナビ進学画像
公務員の専門学校情報数約480件を掲載する進学ナビサイト。学校検索以外にも、オープンキャンパス検索機能や願書取り寄せ機能を設けており、サイト上から予約や申請が可能。 都道府県職員の専門学校数約80件、市役所職員の専門学校約60校を掲載する進学ナビサイト。動画配信コンテンツ「マイナビ進学TV」では、学校の様子を映像で観ることが出来るほか、面接対策など就職活動に役立つ動画も充実している。
このサイトに行く このサイトに行く

地方公務員になるには ‥堝刺楔・政令指定都市の地方公務員試験に合格する(事務系)

地方公務員試験は初級、中級、上級と3段階に分かれています。初級で高卒程度、中級で短大卒程度、上級で大卒程度の学力を必要とする問題が出題されます(※能力の目安であり、高卒の人が上級を受験しても構いません)。

事務系の地方公務員の仕事内容は、初級の場合、一般事務や学校事務など事務処理が中心となります。
上級の場合も一般事務や学校事務などを行いますが、初級と比較すると業務内容が幅広く、政策企画や立案まで手がけます。また、出世スピードが速く給与水準も高めです。

地方公務員になるには フローチャート ※市役所試験は募集要項・受験資格が各自治体によって大幅に異なるため割愛。

事務系の地方公務員の試験内容は各自治体によって異なりますが、多くの自治体が採用しているのは択一式の教養試験と専門試験、および論作文試験で構成される「全国型」。その他にも、教養試験と専門試験の出題形式が選択解答制の「関東型」や、行政法と民法の問題が多い「中部・北陸型」などがあり、応募する自治体に応じた対策が必要です。

一次試験の試験範囲は地方公務員(上級)の場合、教養試験と専門試験および論作文試験。教養試験では行政に関することを中心に日本史や世界史、数学、物理、化学など一般知識レベルの範囲から幅広く出題されます。一方、専門試験は行政系科目、法律系科目、経済系科目など、より専門的な知識を問う問題が中心です
教養試験は高校や大学で習った範囲のものがほとんどですが、専門試験では大学の授業レベルを超えた発展問題や高難易度のものも出題されます。
地方公務員(初級)の試験内容は、教養試験と適正試験および簡単な作文、面接試験。地方公務員(上級)と異なり、専門試験が出題されることはほとんどありません。

専門試験は法学や政治学を専攻していない場合、苦手意識を持つ人も多いと思いますが、出題範囲はおおよそ絞られており、予備校やテキストでしっかりと対策をすれば攻略は十分可能です。予備校では試験対策に加え、各都道府県の採用情報や出題傾向なども教えてくれることがあるので、上手く活用し、試験に備えるとよいでしょう。

現在大学生の人が地方公務員を目指すのであれば、公務員試験の科目や論文の書き方が学べる専門学校・予備校に通う方法がおすすめ。専門学校や予備校では、大学の勉強だけではカバーできない範囲の科目や論文対策をバランスよく学ぶことができます。時間的に余裕がないという人や短期集中で進めたい人は通信講座を活用するのも一つの方法です。

現在高校生の人が地方公務員を目指す場合、高校を卒業後地方公務員試験(初級)を受ける方法と、ひとまず専門学校や大学へ進学し、卒業後に地方公務員試験(中級・上級)を受ける方法の2パターンがあります。どちらが自分のキャリアプランに沿っているか考え、自分に合ったフローで公務員を目指しましょう。

地方公務員になるには◆‥堝刺楔・政令指定都市の地方公務員試験に合格する(技術系)

技術系の地方公務員試験の場合も、教養試験と専門試験、論作文の3つの試験があります。技術系の地方公務員には土木職、建築職、機械職、電気・電子職、化学職、農学・農業職の6職種があり、自分が大学で専攻した分野を受験できます。
教養試験は事務系地方公務員とほぼ同じ問題が出題されますが、専門試験は農学・農業以外の5職種で「工学に関する基礎(数学・物理)」が共通科目として出題され、総問題数の4分の1から半分程度がこの基礎問題となります。基礎問題以外では、上級・中級・初級に関わらず、土木系や機械系などそれぞれの専門分野に特化した問題が出題されるのが特徴です。

技術系地方公務員を目指す人は教養試験に加え、専門試験対策がキーポイント。参考書やテキストを上手に活用して専門分野を復習しておくと良いでしょう。

技術系地方公務員の参考書を探す
amazonで技術系地方公務員の参考書を探す
→amazonで探す

地方公務員になるには 高校、大学を卒業後、市役所試験に合格する(事務系・技術系)

地方公務員は「都道府県庁採用」と「市町村採用」の2種類があります。都道府県庁への配属を目指す場合は地方公務員試験を受験しますが、小規模な市町村で働きたい場合は市役所試験を受験しましょう。市町村のうち政令指定都市に該当しない自治体は、空き要員が出たときなどに不定期で市役所試験を開催する場合があります。

市役所試験は自治体ごとに採用が管理されており、自治体によって出題内容や募集時期・募集要項は異なります。試験内容も自治体によって様々ですが、事務系の試験は、大きな市の場合、都道府県の地方公務員試験と同じく教養試験と専門試験、論作文試験が課されることがほとんど。ただし比較的小規模な市町村では専門試験がないところも多くあります。市役所試験は併願が可能なため、個別対策を行えば同時に複数の市役所試験を受験することもできます。

地方公務員になるにはぁヽ読記試験に合格後、面接試験に合格する

筆記試験合格後は、事務系の地方公務員試験、技術系の地方公務員試験、市役所試験に関わらず、全ての試験で面接試験が実施され、この面接に合格することで本採用が決定します(※面接は通常二次試験以降で行われますが、一次試験で行われる場合や論文試験と面接が同時に行われる場合もあります)。

面接試験は地方公務員(上級)の場合、個別・集団面接および集団討論の2種類。地方公務員(初級)の面接試験は個別面接のみであることがほとんどですが、自治体によっては集団面接や集団討論を行うこともあります。

地方公務員の面接試験では、主に「態度」と「発言の内容」がチェックされます。公共機関に勤めるのにふさわしい、きちんとした印象を持ってもらうことが大きなポイントとなります。目立とうとするよりは実直で勤勉な態度で面接に臨むと面接官の好感度が高いでしょう。また自己PRをはきはきと自分の口から述べられることも重要です。
対策本や予備校を活用して、事前準備・面接練習を何度も繰り返し、自信を持って面接に臨みましょう。

- 各地方公務員・市役所職員の概要と試験内容まとめ -
事務系地方公務員 技術系地方公務員 市役所職員
(事務系・技術系)
上級・大卒程度 初級・高卒程度 上級・大卒程度 初級・高卒程度 高卒程度〜大卒程度と言う区別をしない場合もある
区分
  • ● 特別職:都道府県知事、市町村長、議員、行政委員など
  • ● 一般職:特別職以外の全ての地方公務員を指す
主な配属先
都道府県庁もしくは東京都23区、政令指定都市など大規模な市役所が中心 政令指定都市以外の市町村や各機関など
仕事の範囲
●都道府県庁配属
 地域振興、産業振興、河川や港湾の管理など都道府県全体の発展に貢献する仕事
●政令指定都市配属
 基本的には地域活動に密着した仕事を行うが、中規模以下の市町村自治体と比較すると業務領域が広く都道府県並みの広域業務をすることもある
特定の地域・市民一人ひとりに密着した仕事
試験内容の目安(全国型の場合) ※詳細は各自治体によって異なる
・教養試験【択一式】
・専門試験【択一式】
・論(作)文試験
・面接試験
・教養試験【択一式】
・適正試験【択一式】
・作文試験
・面接試験
・教養試験【択一式】
・専門試験
・論(作)文試験
・面接試験
・教養試験【択一式】
・専門試験
・適正試験【択一式】
・作文試験
・面接試験
・教養試験
・専門試験
※教養試験のみの市役所や、独自形式の問題を課す自治体もある。
試験日程
受付期間:4月〜9月
1次試験:4月〜9月
2次試験:5月〜11月
合格発表:6月〜12月
受付期間:6月〜9月
1次試験:8月〜10月
2次試験:9月〜11月
合格発表:10月〜11月
受付期間:4月〜9月
1次試験:4月〜9月
※原則6月の第4日曜日
2次試験:5月〜11月
合格発表:6月〜12月
受付期間:6月〜9月
1次試験:8月〜10月
2次試験:9月〜11月
合格発表:10月〜11月
自治体によって異なり、実施期間はまちまち

キャリアアップ

地方公務員や市役所職員のキャリアプランとして考えられるのは以下の3つです。

自治体内での出世を目指す
 係長、課長、部長、管理職など、経験を重ねて上の地位を目指す。昇任試験を受けて段階的に出世を重ね、所属する自治体での発言権や権限を有し自治体を統括する。
特定行政分野の専門分野を極める
 技術職の人や高卒で公務員になった人などはスペシャリストへの道を歩むのが得策。特定分野のスペシャリストになれば、非常に重宝される人物となる。
民間企業へ転職する
 公務員として蓄えた豊富な知識と誠実な対応能力を活かし、民間企業で幅広い活躍をすることも可能。

年功序列・終身雇用のイメージが強い地方公務員ですが、力をつける事で特定分野のプロフェッショナルになる道や、民間企業へ転職し活躍する道など、キャリアプランは大きく広がっています。地方公務員になった後も、自分のやりたいことをしっかり考え、様々な選択肢の中から自分に合った道を選びましょう。

公務員専門学生・予備校生の人も通常の大学生、専門学生同様、学割が適用されます。
学割範囲は携帯電話、通学定期など日常生活に関わることから、映画やカラオケといったレジャー施設まで幅広くあります。
専門・予備校生の皆さんも様々な学割を活用して、学生生活をよりお得で充実したものにしてみてはいかがでしょうか。

学生必見!楽天学割で23,939円得する方法
学割コンシェルジュ編集部が楽天学割を徹底調査!どれくらいお得になるのか試算しました[記事全文]

新着!学割情報

【生活】
学生必見!楽天学割で23,939円得する方法
【生活】
東京の学生マンションを探そう
【 語学・学習】
大学生におすすめ 英語勉強法
【 語学・学習】
大学受験の勉強法
【ニュース】
高校生(3年)の約6割は英語が苦手!
【アルバイト】
大学生向け!おすすめの夏休みバイト

アクセスランキング

1位
航空券・飛行機の学割
2位
地方公務員になるには
3位
新幹線の学割
4位
おすすめの夏休みバイト
5位
社会人学生が利用できる学割は?

「みんなの学割」 投稿ポスト

みんなの学割情報 投稿ポスト

みなさまからの「大学生のための学割の情報をお待ちしております!学割ならどんな情報でもOK!あなたからのお便りがきっかけで、このサイトを見ている大学生が興味を持って訪ねるかもしれません。学割コンシェルジュの編集スタッフが取材に行くことも・・・!?

みんなの「疑問&お悩み 解決ポスト」

大学生やこれから大学生になる人、大学を卒業した人、みんなの疑問や悩みを学割コンシェルジュが解決!皆さまからの質問やお悩みをお待ちしております!