看護師になるには?学校選びからキャリアプランまでの流れを紹介

看護師 なるには

ページの現在地

トップ職業図鑑 バックナンバー1.看護師になるには

看護師になるには

看護師とは

看護師画像看護師とは、医師の指示の元で診察や医療行為を補助し、傷病者や妊産婦といった患者さんの日常生活を援助する専門家のこと。看護師として実際に働く人は全国約150万人(2011年調査より)おり、超高齢化社会に突入した現代日本社会において、急速に需要が高まっている職種の1つです。

看護師の働く場所は主に病院、診療所、介護保健施設、市区町村など。全国にいる現役看護師のうち、6割以上が病院で勤務しています。病院勤務の場合、シフト制をとるのが一般的で、昼勤以外にも夜勤があり、労働時間は不規則になりがち。加えて、緊急呼び出しがあった場合は休日出勤や時間外労働が発生する可能性もあります。一方、入院施設の無いクリニックなど、基本的に夜勤の無い就業先で働くこともあります。場所・時間帯ともに多種多様な選択肢が存在する職種といえるでしょう。

看護師は医療従事者のため、医学に対する深い専門知識と、注射などの精密な医療技術の両方を習得する必要があります。そのための座学と実習はいずれもレベルが高く、本気で看護師になりたいという強い思いが無ければ目指すことすら難しいでしょう。
また、体や心が弱っている患者さんを介助するために、人一人の体重を支えられる程度の体力と、相手の不安に耳を傾けられる優しさやコミュニケーション能力が求められます。加えて、患者さんの容態が悪化しても冷静な対応ができる強い精神力と機転も、看護師になるために欠かせない要素です。

看護師になるには ヾ埜鄲膤/短大・看護専門学校を卒業する

看護師になるには、まず、文部科学省指定の学校か厚生労働大臣指定の看護師養成所で所定の専門科目を習得する必要があります。ちなみに看護師資格は正看護師と准看護師があり、正看護師は国家資格ですが、准看護師は都道府県知事が交付する免許制を採用しています。また、職責や待遇面にも違いがあり、より難易度の高い正看護師のほうが、職責が重い分、待遇も良い傾向があります。現在は准看護師制度そのものの廃止が検討されていることもあり、准看護師を目指す人は慎重に進路を選択したほうが良いでしょう。

看護師になるには、大きく分けて2つの方法があります。1つは普通科高校を卒業後、看護大学・短大・看護専門学校へ進むコース。2つめは中学校卒業後、5年一貫の看護高校に進学するか、准看護師学校に進むコースです。
社会人や専業主婦の方が看護師を目指す場合も同様に、まずは看護大学・看護専門学校を卒業することが必須条件になります。経済状況、時間にどれだけ余裕があるかなど、自分のライフスタイルと照らし合わせて、最も効率の良い進路を選びましょう。

看護師になるには

リクナビ進学 マイナビ進学
リクナビ進学画像 マイナビ進学画像
看護大学・短大の情報数約140件、看護専門学校の情報数約70件を掲載する進学ナビサイト(2014年5月現在)。学校検索以外にも、オープンキャンパス検索機能や願書取り寄せ機能を設けており、サイト上から予約や申請が可能。 看護大学・短大の情報数130件、看護専門学校の情報数約50件を掲載する進学ナビサイト(2014年5月現在)。動画配信コンテンツ「マイナビ進学TV」では、学校の様子を映像で観ることが出来るほか、面接対策など就職活動に役立つ動画も充実している。
このサイトに行く このサイトに行く

看護師になるには◆ヾ埜郢婢餡隼邯海帽膤覆垢

実際に看護師として働くためには、看護師国家試験に合格して国家資格を取得しなければいけません。国家試験の受験資格は、看護大学・短大、看護専門学校、5年一貫の看護高校を卒業すれば自動的に取得することができます。試験日は毎年2月中旬、合格発表は3月下旬に行われ、試験は北海道から沖縄まで、全国11箇所で実施されます。

出題範囲は基礎知識が中心で、学校で学んだ知識レベルを問われるものがほとんど。例年高い合格率で推移しており、学生時代にしっかりと勉強しておけば、決して難易度の高い試験ではありません。
ただし、出題範囲が広いため、対策を何もせず、試験をパスすることは容易ではありません。過去問を繰り返し解いたり、予備校に通う事で知識レベルを高め、十分な対策をしておくと良いでしょう。

看護師になるには 就職先を見つける

晴れて看護師国家試験に合格すると、正式に看護師として仕事をスタートすることが可能になります。
看護師は人手不足が深刻な職種の1つであり、平成24年度の看護師求人倍率は3.17倍にまで上昇しています。大卒求人倍率の1.28倍(平成26年現在)と比較しても非常に高く、就職先が見つからない!という状況に陥ることはまずないでしょう。

ただし、前述のとおり、看護師は就職先によって働く場所や労働時間が大きく異なります。同じ看護職でも勤め先の環境によって、仕事内容や求められる能力、やりがいを感じる部分も大きく変わってきます。「大病院で多くの人の命を助けたい」「地元の小さなクリニックで地域医療に貢献したい」「介護施設で高齢者の方を支えたい」など、自分が看護師としてどのように働きたいのかを事前にしっかりと考え、希望と将来ビジョンに合った求人を選択しましょう。

看護ナビ ナース専科就職ナビ2015
看護ナビ画像 ナース専科就職ナビ2015画像
株式会社ディスコが提供する、看護学生・看護師のための総合情報サイト。新卒向け求人の掲載数は約1,400件(2014年5月現在)。求人情報以外にも、合同説明会や国家試験対策講座など、ユーザーの就職活動を全面的にサポートしてくれる。 看護学生のための就職活動サイト。掲載病院数は約650件(2014年5月現在)。就職活動に特化したサイトのため、病院見学会や採用試験の日程検索、積極採用中の病院、就職情報誌の発行など、求人に強い多彩なコンテンツを掲載している。
このサイトに行く このサイトに行く

キャリアアップと将来展望

看護師のキャリアアップ法は幅広く存在しますが、大きく分けると3つの道筋があります。

  • 保健師や助産師といった上級資格を取得し、更に知識量を高めて周囲の指導にあたる道
  • 現場でキャリアを積み、看護師長等、管理職として第一線で活躍する道
  • 看護師としての経験と知識を活かし、一般企業や学校など別の分野で働く道
他の資格を取る
保健師 助産師
保健師国家試験に合格し、地域・学校・民間企業などにおいて地区活動、健康教育、保健指導を行う者。全国の保健師は約55,000人(2011年)。場所に応じて「保健室の先生」「産業保健医」などと名称が変わることもある。
看護師の基礎教育終了後、保健師学校に通うか、保健師・看護師統合カリキュラムを採用する大学で所定の単位を取得することで保健師国家試験受験資格を得られる。試験は毎年2月下旬に行われ、合格率は80%〜90%。
助産師国家試験に合格し、妊産婦を中心に保健指導や育児相談、分娩時の介助業務を行う者。全国の助産師は約34,000人(2011年)。
助産師養成所に1年間通うか、大学・専門学校で助産師養成課程を修了すると助産師国家試験の受験資格を得られる。 試験は毎年2月中旬に行われ、合格率は95%以上をキープしている。
他の資格を取る
認定看護師 専門看護師
認定看護師とは、日本看護協会の認定看護師認定審査に合格し、熟練した看護知識と技術を有することを認められた者のこと。看護現場における質の向上を図ることを目的として制度化された。
実務研修を通算5年以上積み、6ヶ月(615時間〜677時間)の認定看護師教育機関課程を修了した後認定審査に合格することで認定看護師の資格を取得できる。
日本看護協会専門看護師認定試験に合格し、より複雑で解決困難な看護問題を持つ人々に対して高水準の看護を提供できる知識と技術を有することを認められた者。実務研修を通算5年以上(うち3年間以上は専門看護分野の実務研修)積んだ後、書類審査と筆記試験によって合否が決定する。
現在がん、精神、地域、老人、小児、母性、慢性疾患、急性・重症、感染症、家族支援、在宅看護の11分野が特定されている。
現場でキャリアを磨く
看護主任 看護師長
現場における管理職の1つ。通常業務を行いながら、部下となる他の看護師の指示・統率および看護師長補佐業務に当たる。十分な経験と、部下をまとめるリーダーシップが必要。
一般の看護師から看護主任に昇格するまで10年程度かかると言われている。役職手当が別途支給されるが、責任の重い役職である。
看護部の最高責任者であり、病院内では中間管理職に位置する。
仕事内容は多岐に渡り、看護師や病院スタッフの統括はもちろん、指導を通して他の看護師・看護主任の教育・育成を行うのも重要な仕事のひとつ。時には人事管理も行うこともあり、優秀な看護師を集めることも任される。
卓越した看護知識と技術、リーダーシップ、管理能力が求められる役職。
その他
大学教授、看護専門学校教員 一般企業へ転職
自分の持つ知識を生かし、看護師を目指す学生の教育をする。
看護専門学校の教員になる場合、看護教員養成講習を修了していることが条件。高校・大学・短大の看護教員になる場合は公募となる、学士、修士、博士の学位があれば教員免許は不要。学校によっては学歴に応じて助手、助教授、教授の区別をする場合もある。
病院以外にも一般企業で、看護師の資格を活かしつつ働く道がある。
治験コーディネーター、臨床開発モニター、クリニカルコーディネーター、添乗看護師など、活躍の場は多岐に渡る。

医療技術の進歩に伴い、看護師の活躍できる場は拡大しています。病院などの現場はもちろん、それ以外の場所でも看護職としてキャリアアップすることは十分可能です。

看護師は「白衣の天使」ともいわれ、女子高校生がなりたい職業として4位にランクインする程人気が高い仕事です(2009年ベネッセ調査)。実際の看護の現場を考えても、看護師の社会的意義は大きく、やりがいのある仕事である事は間違いありません。一方で看護師の業務は、他の仕事と比較してもハードで、離職率も高い傾向があります。そこで大切になってくるのは「看護師として働きたい」という強い気持ちです。大変な仕事である事は間違いありませんが、看護師になりたいと願った気持ちを忘れず、目の前の仕事に取り組んでいければ、必ずそこにやりがいや楽しみを感じるようになるはずです。

看護師になり、仕事を続けていく道のりは、決して平坦なものではありませんが「人の役に立ちたい」「困っている人を助けたい」「人に感謝される仕事がしたい」という気持ちを持つ人にとって、看護師が非常に魅力的な仕事の1つであることは間違いありません。

看護大生、看護専門学生の人も通常の大学生、専門学生同様、学割が適用されます。
学割範囲は携帯電話、通学定期など日常生活に関わることから、映画やカラオケといったレジャー施設まで幅広くあります。
看護学生の皆さんも様々な学割を活用して、学生生活をよりお得で充実したものにしてみてはいかがでしょうか。

学生必見!楽天学割で23,939円得する方法
学割コンシェルジュ編集部が楽天学割を徹底調査!どれくらいお得になるのか試算しました[記事全文]

新着!学割情報

【生活】
学生必見!楽天学割で23,939円得する方法
【生活】
東京の学生マンションを探そう
【 語学・学習】
大学生におすすめ 英語勉強法
【 語学・学習】
大学受験の勉強法
【ニュース】
高校生(3年)の約6割は英語が苦手!
【アルバイト】
大学生向け!おすすめの夏休みバイト

アクセスランキング

1位
航空券・飛行機の学割
2位
地方公務員になるには
3位
新幹線の学割
4位
おすすめの夏休みバイト
5位
社会人学生が利用できる学割は?

「みんなの学割」 投稿ポスト

みんなの学割情報 投稿ポスト

みなさまからの「大学生のための学割の情報をお待ちしております!学割ならどんな情報でもOK!あなたからのお便りがきっかけで、このサイトを見ている大学生が興味を持って訪ねるかもしれません。学割コンシェルジュの編集スタッフが取材に行くことも・・・!?

みんなの「疑問&お悩み 解決ポスト」

大学生やこれから大学生になる人、大学を卒業した人、みんなの疑問や悩みを学割コンシェルジュが解決!皆さまからの質問やお悩みをお待ちしております!